学生が今すぐお金を作る方法はある?

学生でもお金がないということは当然ありますよね。アルバイトをしていてもそれ以上に出費があれば、時には親に借りるなんてこともあるでしょう。

 

それでもいつも親に借りるとお説教をされることもあるので、アルバイトで一定の収入を得ているのであれば、困った時にはキャッシングで今すぐお金を作る方法を利用すると良いかも知れませんね。

 

それでもお金がないからと言って至急キャッシングをするのではなく、それ以外の方法で頑張ってみた結果がキビシイ状況ならば、安心できる金融機関でキャッシングすることが望ましいと言えるでしょう。

 

お金がない、こんな時はまずアルバイトをする!

学生が生活費や友人との付き合いのお金がないという場合、もし今アルバイトも何もしていないなら、まずは何でもいいのでアルバイトを始めてみることが大事ですね。

 

また今週3で働いているということなら、週4に増やしてみるのも良いでしょう。例えば時給が1,000円ならば1日5時間働く場合では月に2万円の増収となりますね。

 

それでも足りなければ大手の消費者金融の利用がおすすめ

親からのお小遣やアルバイトの給料では足りないということも時にはあると思います。金欠で困った時に短期間で必要なお金を作る方法は色々ありますが、大手の消費者金融を利用するのが一番と言えるでしょう。

 

もちろん銀行で借りるという選択肢もありますが、至急1万円だけ借りたいという時には、少額融資が専門の消費者金融の方が審査や融資が早く、瞬発力に優れています。

 

消費者金融はなぜ早いの?

消費者金融の審査は最短で30分となっています。最近の銀行でも審査が早くなってきていますが、実は大手の銀行でも審査は消費者金融が担当している場合が多いんです。

 

ただし審査の基準は銀行の方が厳しくなっているので、「どうしても今すぐお金を作る方法を教えて!」ということならば、消費者金融でのキャッシングがおすすめとなります。

 

消費者金融の審査はどんな内容?

銀行よりも審査が厳しくないとは言っても消費者金融は審査が甘いということにはなりません。

 

大手のキャッシングサービスでは以下のようなことを審査項目としていて、さらには個人信用情報機関で信用情報を厳しくチェックしています。

 

《消費者金融の審査項目とは?》
【参考:おかねの学校「やっぱり大手は厳しいの?審査基準を中堅消費者金融と比較!」】
http://money-academy.jp/cashing/s390/

  • 生年月日
  • 住所・電話番号(審査結果の連絡先)
  • 住居情報(持ち家・賃貸・居住年数・住宅ローンや家賃の金額)
  • 家族構成
  • 収入
  • 勤務年数・勤務形態
  • 他社からの借入れ件数・金額
  • 借入限度の希望額

 

申込みで用紙に記入・申込フォームに入力する項目は上記以外にもたくさんありますが、学生に関係の深い項目だけを紹介してみました。

 

収入は多いのに越したことはありませんが、毎月安定した収入があれば金額が少なくても審査に通る可能性はあります。

 

家族構成については一人暮らしよりも親と同居している方が有利であり、その家も持ち家である方が有利となります。

 

アルバイトの勤務年数もある程度重要なポイントとなるので、長く続いているアルバイトがあるならば、辞める前に借りることが大事となります。

 

また、他社からの借入れは「0件・0円」と書く方が良いのは言うまでもありませんね。ただし申込み内容は正直に書く必要があるので、すでに他社からの借入れがある場合、ウソを書くのは厳禁です。

 

また借入限度の希望額は自分の年収を考えて多過ぎないように注意しましょう。審査に通るためには重要なことですよ。

トップへ戻る